謎の名将・御宿政友(みしゅくまさとも)のプロフィールと略歴

御宿 政友(みしゅく まさとも)
?~慶長20年(1615)
通称(大坂の陣時点) 越前・勘兵衛

[信玄の孫?、謎の名将]

出目は不明。葛山信貞(武田信玄の六男)の子。葛山友綱の子。御宿監物の子など諸説ある。とにかく、はっきりしない。今川家・武田家・北条家(松田尾張守に仕えたという)・福島家を経て松平秀康に仕えて1万石を領していたといわれるが、武田家・上杉家・松平家に仕えたとの説もあり、松平家に仕えるまでの経歴もまたはっきりしない。武田家では駿河千福城主を務めたという。秀康の子・忠直と反りが合わず浪人している。

[越前守]

慶長19年(1614)東西手切れとなると旧主・忠直の領国の越前一国を賜る約束で大坂に入城。兵2~3百人程を指揮したが、彼の麾下には宮本武蔵との決闘で有名な吉岡兄弟が居たという。自称で勝手に「越前守」を名乗る程で、それを聞いた忠直が激怒して5千石の懸賞首をかけたという逸話がある。冬の陣では大野治房の部将となったとも、真田丸に加勢として籠っていたともいわれ、部署ははっきりしない。夏の陣では治房指揮下で戦い、天王寺・岡山の戦いで忠直の家臣・野元右近に討ち取られた。その死を聞いた徳川家康は「御宿が若い頃なら、右近なんぞに討ち取られることはなかったろう」と言ったという。また、家康に「大坂城中には御宿勘兵衛・後藤又兵衛を除いて、これといった人物もおるまい」と評されたという話や野本に勘兵衛を討ち取った恩賞として小判50枚も与えた話なんかもある。