高天原神話に関する解説

伊弉諾尊(イザナギノミコト)の禊ぎによって生まれた天照大神・素戔嗚尊・月読尊の三神はそれぞれに天上界(高天原)・海(または天の下)・夜(または海)とこの世を分担して治めることになりますが、素戔嗚尊だけは伊弉諾尊の命に従わず、伊弉冉尊(イザナミノミコト)を慕って泣いてばかりおり、素戔嗚尊が泣くことにより河川の水が涸れたり、植物が枯れるという。自然界の秩序を乱すような自体に陥ってしまいます。そこで親神の怒りをかい、素戔嗚尊は「根の国」に追放されることとなります。その時素戔嗚尊は根の国に行く前に、姉である天照大神に挨拶をしようと高天原に向かいますが、その様子が山も海も国土全体を揺り動かすほどの凄まじいものだった為、天照大神は弟が高天原を奪いに来たものと誤解し、武装して相対します。素戔嗚尊は「うけひ」を行って高天原を奪いに来た訳ではないことを示そうとします。

「うけひ」というのは占いの一方法で、この場合は、お互いに「子」を生みだし、その性別が正邪の判定の基準になっています。 この「うけひ」によって生まれた子については、『日本書紀』と『古事記』では性別が違っています。『書紀』では素戔嗚尊が生んだのは「男の子」、『古事記』では「女の子」なのですが、勝ちはどちらも「素戔嗚尊」となっています。ここに『日本書紀』と『古事記』の理念の違いを見ることができます。 (『古事記』はその成立当時の「女帝に捧げられた書物」なのではないかと私が考える理由のひとつです。)

この時二神によって生み出された子の中に天皇の始祖ともなるべき「天忍穂耳尊」がいることで、この話はその後の展開の上で重要な部分となってくるわけです。

さて、「うけひ」に勝った素戔嗚尊ですが、困ったことに調子に乗って高天原でさんざん乱暴を働いてしまいます。最初は弟をかばっていた天照大神ですがついに怒って「天の岩戸」に隠れてしまいます。天照大神が隠れてしまったことで地上は闇になってしまい、混沌とした危機状態に陥ってしまいます。八百万の神々は天照大神の復帰を促そうと様々な儀式を行いますが、そのクライマックスが「天鈿女命(アメノウズメノミコト)」の踊りです。この天鈿女命は桶を伏せた上で半裸になり踊るのですがその姿に周りの神々がどっと笑ったのを聞いて天照大神が興味を持って顔を覗かせた瞬間、手力雄神(タヂタラオノカミ)手を引いて天照大神を出し、世界に光が戻ります。

この神話が示しているのは「死と再生」です。 その根拠は『万葉集』に貴人の死を「石窟に隠れる」と表現した例があり、この神話も太陽神の死と再生を象徴的に表現したのではないかと思われることにあります。この神話は「天照大神=卑弥呼」説の論拠にもなっています。 というのは、
1.卑弥呼=日巫女=天照大神
2.どちらも女性である。
3.宗教的権威を備えている。
4.どちらも権威の象徴として鏡が重要な役目を果たしている。
5.独身で弟がいる。
6.卑弥呼が死んだと思われる年に「皆既日食」があったと思われる。
つまり、「天の岩戸」事件は、卑弥呼が亡くなり変わって台与が女王になったことを表現しているのではないか、ということなのです。この説の代表者が「安本美典」氏です。

余談-鳥居としめ縄の起源-

天手力男が天の岩戸を開けたとき、常世の長鳴鳥が鳴いて暁(岩戸から日が射し込んだ時)を知らせたので、以後神前には鶏の止まり木を作るようになりました。それが鳥居の始まりです。また、もう二度と天照大神が岩戸に入らないようにと神々は天の岩戸の入り口に稲わらで作った締めくくり縄を張りました。この締めくくり縄が「しめ縄」の始まりで、以後神聖な場所にはしめ縄が張られ、「神聖な場所の標識」になったのです。しめ縄は「七五三(しめな)縄」ともいわれ、縄目の七・五または三の所に「わらさがり」をつけ、さらに白い紙で「しめ子」をつけます。