日本語に似ているハンガリー語の単語一覧

ハンガリー語には日本語に似た言葉があったりします。現代の標準語だけでなく、古語や方言と似たものも散見することができます。ここでは、それらを列挙しましたが、これを基に日本語の起源について意見するつもりはありません。2つの言語を比較しただけで、言語の起源が分かるはずがないからです。ただ、何らかの関係があった可能性は示せると思います。ここでは、発音の類似度と意味の類似度の2点で評価してみました。まず、白黒関係なく、星4つなら聞き間違えるレベル、3つならかなり似ているレベル、2つなら少し似ている、1つはこじつけ。その上で、意味が同じならすべて黒星、意味は全く異なるなら、白星を付けています。

korai コライ★★★★

古来という意味の形容詞。ずばり、そのままです。

kucorog クツォログ★★★☆

一人で居るという意味の動詞だが、くつろぐと同じようなニュアンスがある。

mamma マンマ★★★☆

まんまは日本語でご飯の俗な言い方ですが、この言葉は柔らかく煮た物だけを意味します。

okol オコル★★★☆

叱るという意味の動詞。正しい言い方ではないが、誰かを怒るという言い時の怒る

-e エ★★★☆

疑問文であることを分かりやすくするために、動詞に付きます。日本語でも、え~を疑問文の文末に付けることがありますが、相手を強く非難することになるので、ニュアンスが違います。例: お前がやったんだろうが、え~

ide イデ★★☆☆

こちらへを意味する副詞。出でよの出で。Ide, ide!で、意味はこっち、こっちになるが、おいで、おいでの音に近い。

cuppog ツッポグ★★☆☆

泥から足を抜くときの音。福島の方言で雪に足が潜る音はつっぽぐると聞いたことがあるが、これは入れるときの音。逆なのが残念。

kan カン★☆☆☆

動物のオスを意味する名詞。暴漢とか痴漢の漢に近いかな。

utál ウタール★★★

utálは、あたるにあたります。ハンガリー語で言うと、Ataru utálra utál.(アタル ウタールラ ウタール)です。文献にあたるでも、これを使います。

vatta ヴァッタ、ワッタ★★★

綿(わた・めん)を意味する名詞。でも、ドイツ語でも似たような音だったと思う。

só ショー★★★

塩を意味する名詞。

táj ターイ★★★

地域という意味の名詞。熱帯温帯の~帯と同じような意味。ただし、使い方が違う。

szék セーク★★★

座るところを意味する名詞。音も意味も席に近い。

utó- ウトー★★★

後を意味する接頭辞。後(あと)と音が近い。

tova トヴァ、トワ★★☆

遠くのという意味の形容詞。日本語のとわのように、時間的に遠い意味でも使います。

okoz オコズ★★☆

起こすという意味の動詞。事故を起こすというときの起こす。誰かを起こすは違う。

új ウーイ★★☆

新しい新鮮という意味の形容詞。初(うい、うゐ)、初々(ういうい、うゐうゐ)しいと、音も意味も近い。旧仮名遣いで書くと、jがゐになるのがポイント。

áll アール★★☆

立つ立っているという意味の動詞。建物がある場合にもこの言葉を使う。

ül イゥル★★☆

基本的な意味は座るという意味。しかし、限定的ながらも、居るという意味でも使う。

hull フッル★★☆

舞い落ちる降るという動詞。Hull a hó(フッルアホー)雪が降るのように、雪の場合は降るの意味で使うこともある。

gurul グルルgurít グリート★★☆

回るという動詞。音はぐるりに近い。最初にgurulの意味を聞いた時、からかわれているのかと思った。

kicsi キチ★★☆

小さいという形容詞。服を試着して小さい時にきついと言う意味で使える。

apa アパanya アニャ★★☆

お父さんお母さんを意味する名詞。北東北でお父さん、お母さんはと言えば、あやあっぱだそうですが、ハンガリー語では、アパアニャになります。逆なのがちょっと残念。

sótlan ショートラン★★☆

味が薄いという形容詞。テレビでも紹介されていた。発音はやや違うが、状況で塩足らんでも十分通じる。

kor コル★★☆

時代頃と言う意味の名詞。

cici ツィツィ★★☆

おっぱいのことだが、英語やドイツ語でも似たような音なので、ハンガリー語に限った話ではないです。

takar タカル★☆☆

覆うという意味の動詞。日本語のたかるは、鳥がたかる人がたかるなど、見えないくらいに集まる、という意味があるので近い。

szagol サゴル★☆☆

嗅ぐという意味の動詞。探るとは意味が違うが、犬の場合、においを嗅いで探るので、ニュアンスが近い。

csoszog チョソグ★☆☆

ちょこちょこ動くと言う意味の自動詞。北海道や東北でちょすは(物を)動かすという意味の他動詞だそうで、意味は似ているが、自動詞と他動詞の違いが残念。

jár ヤール★☆☆

通うという意味の動詞。他動詞と、自動詞の違いがあるが、遣る(やる)に似ている。

száll サーッル★☆☆

飛ぶという意味の動詞。少し強引だが、いなくなるということでは、去ると近い。

kór コール★☆☆

病気という意味の名詞。肩がこるのは病気かな?

mond モンド★☆☆

言うという意味の動詞。問答と似ているが、意味が違う。

már マール★☆☆

意味はもう。言うときに、最後のrは落ちる場合があり、例えば、Gyere mar!(もう来なさい)は最後がマーになります。これは、福井弁で、せかすときに使う終助詞まと同じように聞こえます。例:はよ、しねま(意:早くしなさい)
また、ニュアンスの違いはありますが、まあ、いいかのまあと大体同じ感じで使えます。

jó ヨー★★

良いという意味の形容詞。赤→赤し→赤いと同じように良いも変化したとすると、元々は日本語でもよだったかも(憶測)。

víz ヴィーズ★★

水を意味する名詞。ヴィとみの違い。

üt イゥト★★

打つという意味の動詞。üもtも日本語にはない音ですが、うとつに近い音です。

szakad サカドszakít サキート★★

裂くという動詞。裂か(ない)、裂き(ます)と音が近い。

harag ハラグharagos ハラゴシュharagszik ハラグスィク★★

怒りという意味の名詞と、腹が立っているという意味の形容詞と腹が立つという意味の動詞。haragは腹がと音が近い。腹が立つの語源は、もしかしたら、haragと同じかもしれません。

szigorít スィゴリートszigorú スィゴルー★★

厳しくするという動詞と、厳しいという意味の形容詞。誰かをしごくという意味でこれらの単語を使う。

ugral ウグラル★☆

跳ぶという意味の動詞。上がるに近いかな。

kér ケール★☆

ください、して欲しいという意味の動詞。東北で~けれと言えば、~下さい。と言う意味ですが、ちょっと強引か。

megoszt メゴスト★☆

こぼすという意味の動詞。北海道の方言でこぼすはまがすと言うそうです。ちょっと音が近い。

csinál チナール★★

するという意味の動詞。福井の方言でするの丁寧語は、しなる。チとしの違いが残念。

akar アカル★☆

~したいという意思を示す動詞。食べたがる欲しがるのがるがakarと近いか?

kettő ケットゥー★☆

2の数詞。名古屋弁で自転車はケッタ。自転車は二輪だから2。

béka ベーカ★

カエルを意味する名詞。北東北や佐賀県でカエルはビッキと言うそうですが、ちょっと強引か。

sapka シャプカ★

帽子を意味する名詞。秋田県では帽子をしゃっぽと言うそうで、ちょっと近いかな。でも、フランス語のchapeau(シャポー)の方が音がしゃっぽに近いか。

arc アルツ★

顔を意味する名詞。逆の順番で書くとcra(ツラ)となり、意味が一致する。