文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

西国三十三寺 御詠歌 一覧

第1番 那智山

補陀洛や 岸うつ波は 三熊野の 那智のお山に ひびく滝津瀬

第2番 紀三井寺

ふるさとを はるばるここに 紀三井寺 花の都も 近くなるらん

第3番 粉河寺

父母の 恵みも深き 粉河寺 ほとけの誓い たのもしの身や

第4番 槙尾寺

深山路や 檜原松原 わけゆけば 槇尾寺に 駒ぞいさめる

第5番 葛井寺

まいるより 頼みをかくる 葛井寺 花のうてなに 紫の雲

第6番 壺阪寺

岩をたて 水をたたえて 壷阪の 庭のいさごも 浄土なるらん

第7番 岡寺

けさ見れば つゆ岡寺の 庭の苔 さながら瑠璃の 光なりけり

第8番 長谷寺

いくたびも 参る心は はつせ寺 山もちかいも 深き谷川

第9番 南円堂

春の日は 南円堂に かがやきて 三笠の山に 晴るるうす雲

第10番 三室戸寺

夜もすがら 月を三室戸 わけゆけば 宇治の川瀬に 立つは白波

第11番 上醍醐

逆縁も 洩さで救う 願なれば 准胝堂は たのもしきかな

第12番 岩間寺

みなかみは いずくなるらん 岩間寺 岸うつ波は 松風の音

第13番 石山寺

後の世を 願うこころは かろくとも ほとけの誓い おもき石山

第14番 三井寺

いで入るや 波間の月を 三井寺の 鐘のひびきに あくるみずうみ

第15番 今熊野

昔より 立つとも知らぬ 今熊野 ほとけの誓い あらたなりけり

第16番 清水寺

松風の 音羽の滝の 清水を むすぶ心は 涼しかるらん

第17番 六波羅蜜

寺 重くとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば

第18番 六角堂

わが思う 心のうちは六の角 ただ円かれと 祈るなりけり

第19番 革堂

花を見て いまは望みも 革堂の 庭の千草も 盛りなるらん

第20番 善峰寺

野をもすぎ 山路に向かふ 雨の空 善峯よりも 晴るる夕立

第21番 穴太寺

かかる世に 生まれあう身の あな憂うやと 思わで頼め 十声一声

第22番 総持寺

おしなべて 老いも若きも 総持寺の ほとけの誓い 頼まぬはなし

第23番 勝尾寺

重くとも 罪には法のりの 勝尾寺 ほとけを頼む 身こそやすけれ

第24番 中山寺

野をもすぎ 里をもゆきて 中山の 寺へ参るは 後の世のため

第25番 清水寺

あわれみや 普き門の 品々に なにをかなみの ここに清水

第26番 一乗寺

春は花 夏は橘 秋は菊 いつも妙たへなる 法のりの華山はなやま

第27番 書写山

はるばると のぼれば書写の 山おろし 松のひびきも 御法なるらん

第28番 成相寺

波の音 松のひびきも 成相の 風ふきわたす 天の橋立

第29番 松尾寺

そのかみは 幾世経ぬらん 便りをば 千歳ちとせもここに 松の尾の寺

第30番 竹生島

月も日も 波間に浮かぶ 竹生島 船に宝を 積むここちして

第31番 長命寺

八千年や 柳に長き 命寺 運ぶ歩みの かざしなるらん

第32番 観音正寺

あなとうと 導きたまえ 観音寺 遠き国より 運ぶ歩みを

第33番 谷汲山

世を照らす 仏のしるし ありければ まだともしびも 消えぬなりけり

番外 元慶寺

極楽は よそにはあらじ わがこころ おなじ蓮の へだてやはある

番外 法起院

待てといわば いともかしこし 花山に しばしと啼なかん 鳥の音もがな

番外 花山院御廟

有馬富士 ふもとの霧は 海に似て 波かときけば 小野の松風