文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

中国人の名前の構成について:姓・氏・諱・字・号の違いとは【中国歴史用語の解説】

中国人の名前は、姓・氏・諱・字・号等で構成されている。

以下でそれぞれの意味を解説していこう。

姓(せい・かばね)は、夏の姒・商の子・周の姫・太公望の姜(羌)・秦の嬴などのように部族ごとに持っているもので族長層だけがこれを用いた。

同姓間での婚姻は禁じられていた。

氏(し・うじ)は、韓・魏・趙・陳のように封じられた国号や地名をとったもの、張や孔のように祖先の名・字の一部をとったもの、司馬・王のように祖先の官職をとったもの、公孫のように公の孫であることを表したものなどがあり、一族を挙げての土地の移動や分家などにより、変わっていくものである。

一つとばして、字(あざな)は、通常呼び合うときに使用する名前で、普通は成人した時につける。字のつけ方には以下のようなパターンがある。

順序でつける:長男は伯・妾の子の長男は孟・次男は仲・三男は叔・四男或は末子は季。
兄弟で揃える:曹操の息子・司馬懿の息子・夏侯淵の息子など。
意味を合わせる:孔丘の字は仲尼。生まれたときの頭の形が尼丘という丘に似ていたので、名が丘、字が尼になった。仲は次男の意。

号は屋号にあたるもの。文章家・画家・芸術家などが自身の作品等の発表に際して用いる風流的な名前で、たいていは自分で名付けたり、師となる人から名付けられたりする。

一般的に知られているものでは、筆名・雅号・画号・俳名・芸名・源氏名・狂名・候名などがある。

ただし、諡号(諡号)と廟号(びょうごう)という号はこれらとは異なる特別なものである。諡号は諡(贈り名)と訓まれ、子孫が先代に対して死後に生前の行いを評して贈られるもの。帝号とも呼ばれる。廟号は、先祖を祭るための廟に載せられる名前の事で、先祖達の列に並ぶための名前である。

諡号・廟号については下記の記事も参照されたい。

中国王朝の帝王の呼び名について - 文系の雑学・豆知識

諱(いみな)であるが、これは「忌み名」と訓まれるように、本来口に出すことをはばかるべき本名で、親や君主などしか呼ぶことは無かった。それ以外の人が諱で人を呼ぶことは、相手に対して非常に失礼なこととされていた。

これは、本名がその人物の霊的な人格と強く結びついたものであり、その名を口にするとその霊的人格を支配することができると考えられたためである。このような慣習を「実名敬避俗(じつめいけいひぞく)」と呼ぶ。そして、その考え方に基づき貴人の諱を忌み避けることを「避諱(ひき)」という。

特に皇帝の諱は厳重に避けられ、詔勅以下の公文書にも一切使われず、同じ字を使った臣下や地名・官職名は改名させられたり、漢字の末画を欠かせるなどあらゆる手段を用いて使われないようにした。その一部を以下に示す。

・漢の高祖劉邦が即位すると、今まで使われていた「相邦」の位を「相国」と改めた。

・孝武帝劉徹が即位すると、級爵の最高位「徹侯」を「列侯」に改めた。

・光武帝劉秀が即位すると、郷挙里選の科目の一つ「秀才」を「茂才」と改めた。

・「史記」「漢書」では、前漢の歴代の皇帝の諱をそれぞれの本紀から省いている。(後世の歴史家の注釈によってはじめて諱が記載された)

・呉(三国)の「韋昭」は西晋の文帝司馬昭の名を避け「韋曜」と改めた。

・呉(三国)の「孟宗」は第四代皇帝孫皓の名を避け「孟仁」と改めた。

・歴史上の美女「王昭君」の名を西晋の文帝司馬昭の名を避け「王明君」と呼んだ。

・唐の太宗李世民の名を避け「世」を「代」、「民」を「人」と改めた。

・清の聖祖康熙帝の名を避け「玄孫」を「元孫」に、紫禁城の「玄武門」を「神武門」に改めた。


上記のように、避諱の方法は以下の3パターンに分けられる。

改字~当該の文字を、同じような意味を持った別の文字あるいは語句に置き換える。

欠画~当該の文字の最終画を記さない。

欠字~当該の文字自体を記さない。