文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

中国王朝の帝位継承について:世襲・禅譲・簒奪・放伐の違いとは【中国歴史用語の解説】

世襲

世襲とは、親から子へ、子から孫へと地位・権力を受け継いでいくことで、血縁関係を軸とし皇帝の家系がその地位を独占的に占有する制度である。夏以降の全ての王朝が、この制度を採用してきた。基本的には嫡出の長子が父の後を継ぎ、死んでいる場合は一番近い血縁のものが継ぐが、モンゴルなどの遊牧民族の間では嫡出の末子が相続する習慣があったようである。

禅譲

禅譲とは、易姓革命(こちらの記事の最下部「※ 易姓革命」の項を参照)の思想から、皇帝がその位を世襲によらず、血縁者ではない徳のある者に譲ること。古の聖天子堯が舜に、舜が禹にと行なわれたのが禅譲とされている。しかし、実際は簒奪であったが儒家の礼を成立させるために、皇帝に敬うべき理想の存在としての正当性を付与するためだったという説もある。

簒奪

簒奪とは、皇帝の位を奪い取ることであるが、歴史上では「禅譲」と称して強制的な譲位が行なわれてきた。これは簒奪と呼んでも差し支えないだろう。前漢が新へ、後漢が魏へ、魏が西晋へ…と上げればキリが無いほどの禅譲の記録は、衰退し始めた王朝を新たな有力者が牛耳り、ついには強制的な禅譲と言う形でのっとる簒奪以外の何ものでもない。

放伐

放伐とは、中国の易姓革命の思想による革命の別の方式。徳を失った悪虐な君主を、次の皇帝となるべき有徳の諸侯などが、無道な暴君や暗君を天下のために、討伐して都から追放するという行為である。夏から商へ、商から周へと代わったのがこれに当たる。

「世襲」は一つの王朝内で行なわれることで、「禅譲」「簒奪」「放伐」は王朝が変わることであるから、この四つを一箇所で扱うのは適切ではないのかもしれないが、五帝期は一代ずつ禅譲が行なわれていたこともあり、同じ項目に纏めた次第である。