文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

定軍山の戦い(219年~)を解説&考察

概略

陽平関を擁していた蜀の劉備は、法正などの進言により、漢中の完全占領を計画し始めた。219年に蜀軍は荊州軍以外のほとんどの兵力で陽平関に入る。漢中の地理は、蜀の成都と魏の長安のちょうど中間に位置し、蜀側から陽平関・定軍山・南鄭と要衝が固まっている。定軍山には、魏将夏侯淵と張郃、南鄭には曹操が拠っていた。定軍山の北には天蕩山が、南には米倉山があり、この三山が漢中における魏軍の兵站基地としての役割を持っていた。

蜀軍は新参の諸葛亮などが幕僚に加わっていたことが、古参の黄忠などには抵抗があったかもしれない。しかしながら、孔明の伏兵の采配の妙や、柔軟な物事の処し方を見、また黄忠と随行したのが法正だった事もあって、問題は起きなかった。

戦端が開かれると、魏蜀は一進一退の攻防を続けるが、黄忠は法正の進言に従って、定軍山の敵陣を見下ろせる天蕩山を奪取し、魏軍に圧力をかける。これにより優位へと立った蜀軍は、魏軍に突撃を開始し、黄忠は夏侯尚、次いで夏侯淵をも討ち取り、定軍山を完全に手中に収める。曹操に、「勇気だけでなく知略も必要」と戒められていた矢先の出来事だっただけに、「夏侯妙才、討ち死に」の報を聞いて、曹操はいたく悲しんだ。

引き下がるわけには行かない曹操は、増援部隊を派遣して定軍山の奪還と、戦局逆転を狙った。黄忠も対抗するが、40万と号する魏軍に圧倒され、また歴戦の疲労もあってか、劣勢に立たされる。そこで活躍したのが趙雲だった。魏軍に追い込まれた黄忠を救い出し、劣勢の中を撤退しながらも、あの長坂坡を髣髴とさせるような戦いぶりを見せる。

趙雲の活躍により、魏蜀双方の戦いは均衡、長期戦に突入し、曹操は兵力を増援しながら戦闘を継続していたが、蜀も国家を挙げて、まさに關羽以外の武将を全てこの地に集結させて、漢中奪取の強い意志を見せたため、地の利を奪われた魏軍は撤退を余儀なくされ、南鄭へ撤退、次いで漢中の地を放棄するにいたった。

ここに来てついに、劉備は漢中入りし、漢の高祖劉邦の故事に倣って、漢中王と称し、漢帝國再興の足がかりとしたのである。

考察

さて、この戦いにおける大きなポイントとして、蜀軍が陽平関を擁していたこと、定軍山の指揮官が夏侯淵だったこと、魏の曹操が南鄭にて指揮を取っていたことが挙げられる。

蜀軍が要していた陽平関は、魏の前線だった定軍山にも近く、作戦行動を起こしやすかった。このため、黄忠・趙雲といった武将が活躍しやすい状況だったことと、黄忠に随行した法正の的確な進言によって、夜襲をかけたり、天蕩山を奪取したりということが容易に行えたのである。

定軍山の指揮官の夏侯淵は、血気に逸る性格を曹操に戒められていたにもかかわらず、黄忠の夜襲などに対して激昂し、本隊の到着を待たずに戦闘を開始してしまった。その為、黄忠に討たれることとなった。

曹操は、天蕩山が陥落した時点で、長安から長躯遠征して南鄭に入り、40万と号する兵力(実質は20万くらいか)で蜀軍を圧倒したが、南鄭で指揮を取っていたためか、定軍山の戦局を悉に知ることが出来なかったことが問題だったのかもしれない。蜀軍は人材不足だったわけであるから、曹操は全軍を率いて定軍山に進軍し、蜀軍が確保している拠点の相互連携や補給を断ちながら各個撃破していけば、漢中を手中に収められる可能性は大いにあったと思われるが、優れた大将であっても、時には判断ミスをすることもあるという一例であり、赤壁の戦いに次ぐミスであり、痛手であろうと思う。