文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

『ふるさと』の歌詞と意味を解説

これも私の好きな教科書ソングです。故郷への思いを断ちきって、夢にかける姿はかっこいいですね。私も故郷を離れて暮らしていて、実家にはすぐ帰ることのできる距離に住んでいますが、やはり新しい生活に慣れるまでは辛かったです。

 

原文

兎追いし彼の山
小鮒釣りし彼の川
夢は今も巡りて
忘れ難き故郷

如何にいます父母
恙無しや友がき
雨に風につけても
思い出づる故郷

志を果たして
いつの日にか帰らん
山は青き故郷
水は清き故郷

読み方(現代仮名遣いで)

うさぎおいし かのやま
こぶなつりし かのかわ
ゆめはいまも めぐりて
わすれがたき ふるさと

いかにいます ちちはは
つつがなしや ともがき
あめにかぜに つけても
おもいいづる ふるさと

こころざしを はたして
いつのひにか かえらん
やまはあおき ふるさと
みずはきよき ふるさと

意味

兎を追った(という思い出のある)あの山。
小鮒を釣った(という思い出のある)あの川。
その時の思い出は今も(私の中に)駆け巡り
忘れることが出来ないのは故郷のことだ。

どうしていますか、お父さん、お母さん。
何事もなく暮らしているんだろうか、友達は。
雨が降るのを見ても、風が吹くのを聞いても、
思い出されるのは故郷のことだ。

夢を実現して
いつの日か帰ろう。
山が青い(あの)故郷へ。
水のきれいな(あの)故郷へ。

解説

○兎追いし彼の山

「兎追いし」の「し」は「経験過去」と呼ばれる助動詞で、「兎を追ったことのある」という感じ。ちなみに「けり」は「伝聞過去」で、「兎追いけり」なら「兎を追ったと言われている」という感じ。「彼の」は「あの」だから、全体で「兎を追ったあの山」ということになります。

○小鮒釣りし彼の川

これは先ほどの文と対句になっています。文法的には全く同じで、「小鮒を釣ったあの川」ということです。

○夢は今も巡りて

ここに出てくる「夢」とは、「昔の思い出」とした方が自然なようです。前2つの文を受けて、「兎を追ったあの山のことや、小鮒を釣ったあの川のことは、今も自分の心の中に駆け巡り」という意味が込められているようです。

○忘れ難き故郷

「そんな故郷を忘れることはできない」と言っています。

○如何にいます父母

「如何に」は「どのように」ですから、「如何にいます」は「どのようにしていますか」、つまり「今元気で暮らしているんだろうか」という、両親の安否を気遣う歌詞です。

○恙無しや友がき

「恙無し」とは、「病気になったりトラブルに巻き込まれたりすること無く、平穏無事に暮らしている」という意味です。それに疑問を示す「や」がついているので、「平穏無事に暮らしているんだろうか」となります。「友がき」は「友達」と同じ意味ですから、こちらでは友人の安否を気遣っています。

○雨に風につけても

「雨や風のようなことをきっかけとして」ということです。ここでの「雨」や「風」は自分の置かれている苦難の状況の比喩という解釈もあるようです。

○思い出づる故郷

前の文を受けて、「思い出されるのは故郷のことだ」と言っています。

○志を果たして

「志」は、ここでは「実現しようと夢見ていること」です。「自分の夢を実現して」ということです。

○いつの日にか帰らん

「帰らん」の「ん」は否定ではなく、意思を表わしています。つまり、「帰ろう」という意味です。全体では「いつの日か帰ろう」という意味になります。

○山は青き故郷

これはそのままです。前の文とは倒置法になっていて、「山が青い故郷に(いつの日か帰ろう)」という意味です。

○水は清き故郷

これも前の文と同じで、「水のきれいな故郷に(いつの日か帰ろう)」という意味です。