文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

本多正信のプロフィール・略歴

天文 7年(1538)~元和 2年(1616)

 本多俊正の子で、天文 7年(1538)、三河国で生まれた。正信の初名は正保、正行。弥八郎と称した。元は鷹匠であったと言われている。生家は父祖代々松平氏に仕えており、正信も少年時から家康公に仕え、信頼を得たが、永禄 6年(1563)、三河一向一揆に際して、正信は門徒側に加わり、三河上野城に立て籠もったため、一揆鎮圧後に三河を追放されてしまう。その後、諸国流浪の末に加賀国に移住したとも、大和国の松永久秀に仕えたともいわれている。戦国の梟雄として有名な久秀は、正信のことを、「この者が容貌・言行、強からず柔らかからず、物事に飾りなくしてまた賤しからず。尋常ならぬ器なり」と語ったといわれている。

 家康公への再任の時期には諸説あるといわれ、元亀元年(1570)の姉川合戦の時とも、又は天正10年(1582)の甲斐武田氏滅亡後ともいわれ、大久保忠世の取り成しで帰参したといわれている。同年に本能寺の変が起こり、堺に滞在中であった家康公一行は伊賀越えを行うが、正信もこれに従ったといわれている。

 天正14年(1586)、従五位下佐渡守に叙任され、家康公の関東入国後に 1万石(上野国八幡)を与えられ、関東総奉行に抜擢され、伊奈忠次・大久保長安といった代官頭を統轄する役職を務め、民政全般を総覧する立場から新領土の経営に活躍し、江戸の町づくりや領国農政の成功により、正信の評価は一段と高まった。

 慶長 3年(1598) 8月、豊臣秀吉が没すると、世の中には再び緊迫感が漂うようになったが、家康公のために正信は大いに活躍し、この頃、家康公が行った謀略の大半は正信の献策によるものと言われる。慶長 5年(1600)の関ヶ原合戦には家康公の 3男で、のちに 2代将軍となる秀忠の軍勢に従った。秀忠軍が中山道を上方へと進むが、途中、真田昌幸が籠もる信濃国上田城を攻めることになった。正信は秀忠に上田城攻めを中止するように進言したが聞き入れられなかったといわれ、結局、秀忠軍は昌幸に苦しめられ、本戦に遅参してしまう。関ヶ原合戦後には天領や江戸城修築を担当した後、幕府成立後の慶長12年(1607)からは、2代将軍秀忠の老職に大久保忠隣とともに任ぜられている。正信は慶長19年(1614)からの大坂の陣でも家康公に多くの献策をし、戦後、さらに加増されて 2万2000石(相模国玉縄)を領することになった。

 正信は軍事よりも吏僚的才能に恵まれていたといわれ、四天王を筆頭とする武功派からは嫌われ、「佐渡の腰抜け」と呼ばれたり、「腸(はらわた)の腐った奴」(榊原康政)、「同じ本多でもあいつとは全く無関係」(本多忠勝)とかなり見下げられていたが、常に家康公に近侍し、側近の第一人者として、国政を司った。家康公の手を汚すことなく、その内意を代弁し、将軍専制体制と二元政治の基礎を正信は築いたといえ、「君臣の間、相遇すること水魚の如し」と称されているように、手腕は高く評価され、正信の在職は17年間にわたり、『本佐録』と称する治国の事を論じた書を自ら書き残している。又、関東経営に功を挙げ、正信と同様に加判(のちの老中)に列した青山忠成・内藤清成の失脚(慶長11年・1606)、及び、大久保忠隣の失脚(慶長19年・1614)を画策したともいわれ、これは正信がいかに幕権を牛耳っていたかを物語っているといえる。

 元和 2年(1616) 4月17日に家康公が没すると、正信は家督を嫡男の正純に譲り隠居したが、6月7日、正信は家康公のあとを追うかの如く、79歳で没した。家康公は正信を重用し、親友と呼んでいたといわれる。