文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

第一次・第二次産業革命とその社会への影響について解説

ヨーロッパの大陸諸国では農業生産が拡大(3圃農法)していましたが、英国では遅れていて、修道院が大規模な開墾によって羊毛の生産を開始し、良質な羊毛が大量に生産され、それをドーバー海峡を鋏んだフランドルフ地方に売却され、そこで毛織物に加工されるようになり、農村と都市の間で大規模な経済交流が形成され、初期の商品経済へと急速に成長し、それが英国議会制度を生み出し、国家的な産業活動を起こすことになります。

産業革命は大きく2つに区分され、第一次産業革命が石炭、蒸気機関を動力源とする軽工業中心の発展で、1785年ワットが蒸気機関を発明し、これを動力源にした織機・紡績機の改良によって軽工業が発展しました。第二次産業革命は19世紀末から20世紀前半にかけて,電気を利用した電動機等や石油を利用した内燃機関を用いて金属工業や化学工業などを発展させた重工業中心の産業が発展しました。

 

第一次産業革命

まず、英国で石炭、蒸気機関を動力源とする毛織物を基幹とする軽工業の発展がおこり、フランス、ドイツなどではその影響を受けつつ本格化しました。
英国では、燃料の木炭の消費が森林破壊の至り、石炭へと燃料が切り替えられ、石炭産業の発展はコークス製鉄法の開発に繋がり、鉄製機械の生産が開始されました。それに伴って、石炭の採掘が盛んになると、露天掘りから坑道による採掘に変化し、地下の炭坑に溜まる地下水の排水に蒸気機関を用いた排水ポンプが実用化されます。さらに、ワットの蒸気機関の改良によって、様々な機械に蒸気機関が応用されるようになりました。とくに、蒸気機関を使用した綿布の織機が高速化され、蒸気船の発明、蒸気機関車の発明、改良によって人間・貨物の移動がより容易になり、急速に工業化が進展しました。

 

第二次産業革命

電力による電動機、石油による内燃機関の発明はエネルギーの輸送コストを大幅に引き下げ、化学工業の発展は肥料や医薬品に飛躍的な発展があり、これに国家権力が結び付き、軍事産業の拡大に進みました。
英国は繊維工業での成功で、巨大資本を必要とする重化学工業への転換が遅れましたが、国家的な政策で市場の保護と産業の育成を行ったドイツは重化学工業を中心にした産業革命が起き、化学や軍事の分野で大きな発展を遂げ、英国と覇権を争ようになりました。
米国では大陸横断鉄道建設のブームにより産業化が進行し、日本では、明治維新後の、政府の殖産興業政策によって富岡製糸場や八幡製鉄所が作られました。

 

産業革命がもたらした社会や政治に及ぼした影響

工場労働が一般化し、労働者階級が形成され、都市への労働力の集中、都市化の進行で、住環境の悪化、過密、治安の悪化などの新しい社会問題を生み出されました。
また、極度に発展した資本主義は、独占資本を生み出し、独占資本の政治関与は市場の拡大を国家権力で進めようになり、特に、植民地は原料供給地としてばかりではなく、製品販売の市場と余剰資本の投下先として重要性が認識されて、これが、帝国主義を生みました。このような、資本主義の悪弊を是正しようとする社会主義も生まれました。