文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

鵜殿長照(うどのながてる)のプロフィール・略歴

息子二人が人質交換要員となった

誕生 ????年(????年)
生誕地  
鵜殿長持
今川氏親の娘
蔵太郎、藤太郎、長照
官名 長門守
近親など 正妻:松平信定の娘
弟:鵜殿長忠
子:鵜殿氏長、鵜殿氏次
ゆかりの地  
略歴
    ●西三河
????年 1歳 駿河国守護、今川家の家臣で三河国上之郷城主、鵜殿長持の子として生まれる
    ●家督
1557年 ??歳 父の死により、家督を相続(1562年説も)
1559年? ??歳 尾張国における今川家の最前線、大高城代に
    織田信長の圧迫による兵糧不足を今川家へ訴える
    ●上洛戦
    今川義元が上洛戦を開始
    今川家の先鋒、松平元康(徳川家康)が、大高城への兵糧入れに成功
    これにより、松平元康(徳川家康)が大高城主に
1560年 ??歳 桶狭間の戦で今川義元が討たれると、元康よりも先に三河国へ退却
    ●松平家との対立
    その後、居城、岡崎城へ帰った松平元康(徳川家康)が、今川家から独立する動きを見せるようになり、周囲の豪族もそれに従い始めたため孤立
1562年 ??歳 松平元康(徳川家康)が、織田信長と清洲同盟を締結。これにより完全に敵対関係に
    松平元康(徳川家康)に攻められ、父とともに討死に。子の鵜殿氏長、鵜殿氏次は捕らえられ、のちに今川館(のちの駿府城)に残されていた松平元康(徳川家康)らの家族と人質交換が実現される
死没 1562年3月8日(永禄5年2月4日) (享年??歳)
レクイエム 家康の上之郷城攻めは三河国西部の平定と、今川義元の妹が産んだ長照の二人の子を捕らえ、人質交換要員とすることの、二つの意味を持つ