文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

吉弘鑑理(よしひろあきまさ)のプロフィール・略歴

 

筑前方面の司令官で大友三老のひとり
誕生 1519年?(永正6年)
生誕地 豊後国
吉弘氏直
 
幼名 太郎
吉弘鑑直、吉弘鑑理、(読みは、あきただ とも)
官名 左近大夫、伊予守
幕職  
近親など 弟:吉弘鑑弘
子:吉弘鎮信、吉弘鎮理(高橋紹運)、菊姫(大友義統の正室)
ゆかりの地  豊後国 屋山城
略歴 ●大友一門
1519年 (1歳)
豊後国の大名大友義鑑の一門で、国東半島の屋山城主、吉弘氏直の嫡男として生まれる。

その後、主君大友義鑑から偏諱を受け、吉弘鑑直と名乗る。

1534年 (16歳)
父、吉弘氏直が大内家との戦で戦死、これにより家督を相続。

●二階崩れ
1550年 (32歳)
二階崩れの変により、大友義鎮(宗麟)が家督を相続。

●肥前・筑前
その後、大友義鎮(宗麟)の側近となり、肥前国方分(守護代)に。
また筑前国における軍権を任される。

その後、戸次鑑連(立花道雪)、臼杵鑑速とともに大友三老と呼ばれる。
(大友三老は、臼杵鑑速、吉岡長増、吉弘鑑理とも)

1561年 (43歳)
門司城の戦(豊前国)で、大友家は毛利家に大敗。

1562年 (44歳)
主君大友宗麟(義鎮)が臼杵城を築き、居城に。

1567年 (49歳)
休松の戦に参陣、秋月家と戦う。

1569年 (51歳)
立花城の戦に参陣。

●大友氏の最盛
1570年 (52歳)
主君大友宗麟、豊後国、豊前国、筑後国、筑前国、肥後国、肥前国、日向国、伊予国半国を支配下に。

今山の戦に参陣するが、大友家は龍造寺隆信の家臣鍋島直茂に敗北。

1571年 (53歳)
死没。
死没 1571年6月7日(元亀2年5月5日) (享年53歳)
レクイエム