文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

祇園精舎(『平家物語』冒頭)

祇園精舎『平家物語』巻第一より

祇園精舎の鐘の聲、諸行無常の響あり。娑羅(しやら)雙樹の花の色、盛者(じやうしや)必衰のことはりをあらはす。おごれる人も久しからず、只春の夜(よ)の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。遠く異朝をとぶらへば、秦の趙高(てうかう)、漢の王莽(わうまう)、梁の朱异(しうい)、唐の禄山(ろくさん)、是等(これら)は皆舊主先皇(せんくわう)の政(まつりごと)にもしたがはず、樂しみをきはめ、諌(いさめ)をもおもひいれず、天下(てんが)のみだれむ事をさとらずして、民間の愁(うれふ)る所をしらざ(ツ)しかば、久しからずして、亡(ばう)じにし者どもなり。近く本朝をうかゞふに、承平(せうへい)の將門、天慶(てんぎやう)の純友(すみとも)、康和の義親(ぎしん)、平治の信頼(しんらい)、おごれる心もたけき事も、皆とりどりにこそありしかども、まぢかくは、六波羅の入道前(さき)の太政大臣(だいじやうだいじん)平の朝臣(あ(ツ)そん)淸盛公と申(まうし)し人のありさま、傳(つたへ)承るこそ心も詞(ことば)も及ばれね。

 

補足

(注)1.上記の「祇園精舎」の本文は、日本古典文学大系32『平家物語上』(高木市之
助・小澤正夫・渥美かをる・金田一春彦校注、岩波書店昭和34年2月5日第1刷発行、昭和
39年1月30日第5刷発行)によりました。
2.凡例によれば、上記の平家物語は、龍谷大学図書館所蔵の平家物語を底本と
し、章節を分ち、段落を区切り、句読点の類を施し、傍らに漢字・仮名を振り、清濁
を区別し、文字を若干改めた由です。校合には主として高良神社本と寂光院本と
を用い、その他の諸本を参考にしたとあります。(詳しくは同書を参照して下さい。)
龍谷大学本は、覚一本を転写した本の一つだということです。
3.平仮名の「く」を縦に伸ばした形の繰り返し符号は、仮名を繰り返して表記してあ
ります。(「とりどり」)
また、「娑羅雙樹」の「娑」は、「沙」とする本もあります。
4.平家物語(へいけ・ものがたり)=軍記物語。平家一門の栄華とその没落・滅亡
を描き、仏教の因果観・無常観を基調とし、調子のよい和漢混淆文(わかんこ
んこうぶん)に対話を交えた散文体の一種の叙事詩。平曲として琵琶法師に
よって語られ、軍記物語・謡曲・浄瑠璃以下後代文学に多大の影響を及ぼ
した。原本の成立は承久(1219-1222)~仁治(1240-1243)の間という。成立過
程には諸説あるが、早くから読み本・語り本の系統に分かれて異本を派生し
たと考えられ、前者には六巻本(延慶本)・二〇巻本(長門本)・四八巻本(源
平盛衰記)など、後者には一二巻本に灌頂巻(かんじょうのまき)を加えた覚一
本・流布本などがある。治承物語。平語。(『広辞苑』第6版による)
5.フリー百科事典『ウィキペディア』に「平家物語」の項があります。
6.国立国会図書館の『デジタル化資料「古典籍資料(貴重書等)」』で、慶長年間
に出版された『平家物語』が、画像で見られます。
『国立国会図書館のデジタル化資料「古典籍資料(貴重書等)」』で、「詳細検索へ→」
をクリック→「平家物語」と入力して検索→『平家物語』(巻1~巻12)
7.『平家物語』の本文は、『J-TEXTS』(日本文学電子図書館)で読むことがで
きます。
8.『風のきた道─清盛慕情─』というサイトがあって、ここに平家物語の解説や
全文の現代語訳、その他があって参考になります。
「平家物語全文現代語訳」「平氏系図」「平清盛年表」「平家物語登場人物総覧」
「平家物語和歌総覧」その他
9.『樹陰読書』(…平家物語と中世日本を眺める處…)というサイトがあります。