文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

木曾の最期(『平家物語』巻第九より)

木曾の最期『平家物語』巻第九より

木曾は信濃を出でしより、巴(ともゑ)・款冬(やまぶき)とて、二人の美女を具せられたり。款冬は勞(いたはり)あつて都に留りぬ。中にも、巴は色白う髮長く、容顔まことに美麗なり。究竟(くつきやう)の荒馬乘(あらむまのり)の惡所(あくしよ)落し、弓矢打物取つては、如何なる鬼にも神にもあふと云ふ一人當千(いちにんとうぜん)の兵(つはもの)なり。されば、軍(いくさ)と云ふ時は、札(さね)よき鎧著せ、強弓(つよゆみ)・大太刀持たせて、一方の大將に向けられけるに、度々(どゞ)の高名(かうみやう)肩を雙(なら)ぶる者なし。されば、今度(このたび)も、多くの者落ち失せ討たれける中に、七騎が中までも、巴は討たれざりけり。
木曾は長坂を經て、丹波路へとも聞ゆ、龍華越(りうげごえ)にかゝつて又北國へとも聞えけり。かゝりしかども、今井が行末の覺束なさに、取つて返して、勢多の方へぞ落ち行き給ふ。今井の四郎兼平も、八百餘騎にて勢田を堅めたりけるが、五十騎ばかりに討ちなされ、旗をば巻かせて持たせつゝ、主(しう)の行方の覺束なさに、都の方へ上る程に、大津の打出(うちで)の濱にて、木曾殿に行き合ひ奉る。中一町ばかりより、互に其れと見知つて、主從、駒を早めて寄り合うたり。木曾殿、今井が手を把(と)つて宣ひけるは、義仲、六條河原にて、如何にもなるべかりしかども、汝が行方の覺束なさに、多くの敵(かたき)に後(うしろ)を見せて、これまで遁れたるは如何にと宣へば、今井の四郎、御諚(ごじやう)まことに忝う候。兼平も勢田にて討死仕るべう候ひしかども、御行方の覺束なさに、これまで遁れ參つて候と申しければ、木曾殿、さては契(ちぎり)は未だ朽ちせざりけり。義仲が勢(せい)、山林に馳せ散つて、此の邊にも控へたるらんぞ。汝が旗、揚げさせよと宣へば、巻いて持たせたる今井が旗、差上げたり。これを見付けて、京より落つる勢ともなく、又勢田より參る者ともなく、馳集まつて、程なく三百騎ばかりになり給ひぬ。木曾殿、斜(なのめ)ならずに悦びて、此の勢にては最期(さいご)の軍(いくさ)、一軍(ひといくさ)などかせざるべき。あれに、しぐろうて見ゆるは、誰(た)が手やらん。甲斐の一條の次郎殿の御手とこそ承つて候へ。勢如何程あるらん。六千餘騎と聞え候。さては互によい敵(かたき)、同じう死ぬるとも、大勢の中へ驅け入り、よい敵(かたき)に逢うてこそ討死をもせめとて、眞先にぞ進み給ふ。木曾殿、其の日の装束には、赤地の錦の直垂に、唐綾縅の鎧著て、いか物作(づくり)の太刀を帶(は)き、鍬形打つたる甲の緒を縮(し)め、二十四差いたる石打(いしうち)の矢の、其の日の軍(いくさ)に射て、少々殘つたるを、頭高(かしらだか)に負ひなし、滋籐の弓の眞中取つて、聞ゆる木曾の鬼蘆毛と云ふ馬に、金覆輪の鞍を置いて乘つたりけるが、鐙(あぶみ)蹈張(ふんば)り立上り、大音聲を揚げて、日來(ひごろ)は聞きけんものを、木曾の冠者(くわんじや)、今は見るらん、左馬の頭兼伊豫の守朝日の將軍源の義仲ぞや。甲斐の一條の次郎とこそ聞け。義仲討つて、兵衛の佐に見せよやとて、喚(をめ)いて驅く。一條の次郎これを聞いて、只今名のるは、大將軍ぞや。餘すな者ども、漏すな若黨、討てやとて、大勢の中に取籠(とりこ)めて、われ討取らんとぞ進みける。木曾三百餘騎、六千餘騎が中へ驅け入り、竪樣(たてざま)横樣(よこざま)蜘蛛手(くもで)十文字に驅け破つて、後(うしろ)へつと出でたれば、五十騎ばかりになりにけり。
そこを破つて行く程に、土肥(とひ)の次郎實平、二千餘騎で支へたり。そこをも破つて行く程に、あそこにては四五百騎、こゝにては二三百騎、百四五十騎、百騎ばかりが中を、驅け破(わ)り驅け破(わ)り行く程に、主從五騎にぞなりにける。五騎が中(うち)までも、巴は討たれざりけり。木曾殿、巴を召して、己(おのれ)は女なれば、これよりとうとう何地(いづち)へも落ちゆけ。義仲は討死をせんずるなり。若し人手にかゝらずば、自害をせんずれば、義仲が最期の軍(いくさ)に、女を具したりなど云はれん事、口惜しかるべしと宣へども、なほ落ちも行かざりけるが、餘りに強う云はれ奉つて、あつぱれ好からう敵(かたき)の出で來(こ)よかし。木曾殿に、最期の軍(いくさ)して見せ奉らんとて、控へて敵を待つ所に、こゝに武藏の國の住人、御田(おんだ)の八郎師重と云ふ大力(だいぢから)の剛(かう)の者、三十騎ばかりで出で來(きた)る。巴其の中へ破(わ)つて入り、先づ御田の八郎に押並べ、むずと組んで引落し、我が乘つたりける鞍の前輪に押付けて、ちつとも動(はたら)かさず、頸ねぢ切つて捨ててんげり。其の後物の具脱棄(ぬぎす)て、東國の方へぞ落行きける。手塚の太郎討死す。手塚の別當落ちにけり。
木曾殿今井の四郎只主從二騎になつて、宣ひけるは、日來(ひごろ)は何(なに)とも覺えぬ鎧が、今日は重うなつたるぞやと宣へば、今井の四郎申しけるは、御身も未だ羸(つか)れさせ給ひ候はず、御馬も弱り候はず。何によつて、一領の御著背長(きせなが)を、俄に重うは思し召され候ふべき。それは、御方(みかた)に續く勢が候はねば、臆病でこそ、さは思し召し候ふらめ。兼平一騎をば、餘(よ)の武者千騎と思召し候ふべし。こゝに、射殘したる矢七つ八つ候へば、暫く防矢(ふせきや)仕り候はん。あれに見え候ふは、粟津の松原と申し候。君は、あの松の中へ入らせ給ひて、靜に御自害候へとて、打つて行く程に、又新手(あらて)の武者五十騎ばかりで出で來たる。兼平はこの御敵(かたき)暫く防ぎ參らせ候ふべし。君はあの松の中へ入らせ給へと申しければ、義仲、六條河原にて如何にもなるべかりしかども、汝と一所(いつしよ)で如何にもならん爲にこそ、多くの敵(かたき)に後(うしろ)を見せて、これまで遁れたんなれ。所々(ところどころ)で討たれんよりも、一所(いつしよ)でこそ討死をもせめとて、馬の鼻を雙べて、既に驅けんとし給へば、今井の四郎、急ぎ馬より飛んで下(お)り、主(しう)の馬の水つきに取付き、涙をはらはらと流いて、弓矢取は、年來(としごろ)日來(ひごろ)如何なる高名候へども、最期に不覺しぬれば、永き瑕(きず)にて候ふなり。御身も羸(つか)れさせ給ひぬ、御馬も弱つて候。云ふがひなき人の郎等に、組落されて討たれさせ給ひなば、さしも日本國に鬼神(おにがみ)と聞えさせ給ひつる木曾殿をば、何某(なにがし)が郎等の、手に懸けて討ち奉つたりなんど申されん事、口惜しかるべし。只理(り)を枉げて、あの松の中へ入らせ給へと申しければ、木曾殿、さらばとて、只一騎粟津の松原へぞ驅け給ふ。
今井の四郎取つて返し、五十騎ばかりが勢の中へ驅け入り、鐙踏張(ふんば)り立上り、大音聲を揚げて、遠からん者は音(おと)にも聞け、近からん人は目にも見給へ。木曾殿の乳母子(めのとご)に、今井の四郎兼平とて、生年三十三に罷りなる。さる者ありとは、鎌倉殿までも知し召したるらんぞ。兼平討つて、兵衛の佐殿の御見參に入れよやとて、射殘したる八筋の矢を、指攻(さしつ)め引攻(ひきつ)め散々に射る。死生(ししやう)は知らず、やにはに敵(かたき)八騎射落し、其の後(のち)太刀を拔いて、斬つて廻るに、面(おもて)を合(あは)する者ぞなき。只射取れや射取れとて、差攻(さしつ)め引攻(ひきつ)め散々に射けれども、鎧よければ裏かかず、開間(あきま)を射ねば手も負はず。
木曾殿は只一騎、粟津の松原へ驅け給ふ。頃は正月廿一日、入相(いりあひ)ばかりの事なるに、薄氷は張つたりけり。深田(ふかた)ありとも知らずして、馬をさつと打入れたれば、馬の首(かしら)も見えざりけり。あふれどもあふれども、打てども打てども動(はたら)かず。かゝりしかども、今井が行方の覺束なさに振仰(ふりあふ)のき給ふ所を、相模の國の住人三浦の石田の次郎爲久追つ懸(かゝ)り、よつ引(ぴ)いてひやうど放つ、木曾殿、内甲(うちかぶと)を射させ、痛手なれば、甲(かぶと)の眞向(まつかう)を馬の首(かしら)に押當てて俯(うつぶ)し給ふ所を、石田が郎等二人落合ひて、既に御頸をば賜はりけり。やがて首(くび)をば太刀の鋒(さき)に貫(つらぬ)き、高くさし上げ、大音聲を揚げて、此の日來(ひごろ)日本國に鬼神と聞えさせ給ひつる木曾殿をば、三浦の石田の次郎爲久が、討ち奉るぞやと名のりければ、今井の四郎は軍しけるが、これを聞いて、今は誰をかばはんとて、軍をばすべき。これ見給へ、東國の殿ばら、日本一の剛(かう)の者の、自害する手本よとて、太刀の鋒(きつさき)を口に含み、馬より倒(さかさま)に飛落ち、貫(つらぬ)かつてぞ失せにける。

 

 補足

(注)1.上記の「義仲の都最期」の本文は、『昭和校訂流布本平家物語』(野村宗朔校
訂、武蔵野書院昭和25年6月10日複刊印刷、昭和25年6月15日訂正1版)に
よりました。
2.緒言によれば、上記の平家物語は、元和7年刊行の片仮名整版の流布本平
家物語を底本とし、寛永3年(刊記なし、推定)及び万治2年の片仮名整版本、
寛永3年、正保3年、明暦2年の各平仮名整版本、片仮名古活字本、長門本
(明治39年翻刻本)、延慶本(昭和10年翻刻本)を参照して校訂したもので、寛
文以降の諸本は取らなかった、とのことです。
3.本文中の平仮名の「く」を縦に伸ばした形の繰り返し符号は、普通の仮名に直
してあります。(「とうとう」「はらはら」「あふれどもあふれども」「打てども打てども」)
なお、引用者の判断で、読みの振り仮名を補ったところがあります。(「一騎當
千(いちにんとうぜん)」「兵(つはもの)」「高名(かうみやう)」「今度(このたび)」など)
4.本文中にも触れてあるように、今井の四郎兼平は木曾義仲の乳母子(めのとご)
でした。乳母子との間係は、実の兄弟以上だといわれます。義仲は、今井と同じ
場所で戦って最期を共にしようとしたのでしたが、今井は、義仲が取るに足りな
い誰かの家来に討たれて最期を遂げるのを避けるために、近くの松原で立派に
自害するよう促します。今井が敵が近づくのを防いでいる間に、義仲はただ一騎、
粟津の松原へ馬を走らせるのですが、馬を薄氷のはった深田に踏み入れて、身
動きが取れなくなってしまいます。そして、義仲が今井の行方の覚束なさに思わ
ず振り返ったときに、義仲は石田の次郎に内甲を射られてしまうのです。振り返
った義仲の目に、今井の姿が映ったでしょうか。まことに哀れ深い物語でありま
す。
5.木曾義仲(きそ・よしなか)=(木曾山中で育ったからいう)源義仲の異称。
源義仲(みなもと・の・よしなか)=平安末期の武将。為義の孫。2歳の時、父
義賢(よしかた)が義平に討たれた後、木曾山中で育てられ、木曾次郎
(義仲)という。1180年(治承4)以仁王(もちひとおう)の令旨を奉じて挙
兵。平通盛らを越前に破り、平維盛を礪波山(となみやま)に夜襲し、平氏
を西海に走らせて京都に入り、84年(寿永3)征夷大将軍に任ぜられ
たが、範頼・義経の軍と戦って敗れ、近江粟津で戦死。(1154~1184)
巴(ともえ)=平安末期・鎌倉初期の女性。木曾の豪族中原兼遠の女(むすめ)。
今井兼平の妹。武勇すぐれた美女で、源義仲の愛妾、また武将として
最後まで随従。義仲の戦死後は和田義盛に嫁し、その敗死後、尼とな
って越中に赴いたという。巴御前。生没年未詳。
(以上、『広辞苑』第6版による)
6.フリー百科事典『ウィキペディア』に「源義仲」の項があります。
7.国立国会図書館のホームページにある電子図書館の『デジタル化資料「古典
籍資料(貴重書等)」』で、慶長年間に出版された『平家物語12巻』が、画像で見
られます。(「木曾の最期」は巻9の19~27/98)
デジタル化資料「古典籍資料(貴重書等)」→詳細検索へ→「平家物語12巻」と入力して検索
→「平家物語12巻」の画像をクリック→巻9〔98〕→19~27/98
8.『平家物語』の本文は、『J-TEXTS』(日本文学電子図書館)で読むことがで
きます。
9.『風のきた道─清盛慕情─』というサイトがあって、ここに平家物語の解説や
全文の現代語訳、その他があって参考になります。
(現在、リンクが繋がらないようです。2012年6月16日)
「平家物語全文現代語訳」「平氏系図」「平清盛年表」「平家物語登場人物総覧」
「平家物語和歌総覧」その他
10.『樹陰読書』(…平家物語と中世日本を眺める處…)というサイトがあります。
(現在、リンクが繋がらないようです。2017年10月28日)
11.『Zaco'sPage』というサイトに、「国語の先生の為のテキストファイル集」という
ページがあり、そこに『平家物語』の本文が入っています。(20012年5月25日付記)
『Zaco'sPage』→「国語の先生の為のテキストファイル集」