文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

薄田泣菫の詩「ああ大和にしあらましかば」全文と補足

本文

ああ大和にしあらましかば 薄 田 泣 菫

ああ、大和にしあらましかば、
いま神無月(かみなづき)、
うは葉散り透く神無備(かみなび)の森の小路を、
あかつき露(づゆ)に髪ぬれて、往きこそかよへ、
斑鳩(いかるが)へ。平群(へぐり)のおほ野、高草の
黄金(こがね)の海とゆらゆる日、
塵居(ちりゐ)の窓のうは白(じら)み、日ざしの淡(あは)に、
いにし代の珍(うづ)の御經(みきやう)の黄金文字、
百濟緒琴(くだらをごと)に、齋(いは)ひ瓮(べ)に、彩畫(だみゑ)の壁に
見ぞ恍(ほ)くる柱がくれのたたずまひ、
常花(とこばな)かざす藝の宮、齋殿(いみどの)深に、
焚きくゆる香ぞ、さながらの八鹽折(やしほをり)
美酒(うまき)の甕(みか)のまよはしに、
さこそは醉(ゑ)はめ。

新墾路(にひばりみち)の切畑(きりばた)に、
赤ら橘(たちばな)葉がくれに、ほのめく日なか、
そことも知らぬ靜歌(しづうた)の美(うま)し音色に、
目移しの、ふとこそ見まし、黄鶲(きびたき)の
あり樹の枝に、矮人(ちひさご)の樂人(あそびを)めきし
戯(ざ)ればみを。尾羽(をば)身がろさのともすれば、
葉の漂ひとひるがへり、
籬(ませ)に、木(こ)の間(ま)に、──これやまた、野の法子兒(ほふしご)の
化(け)のものか、夕寺深(ゆふでらふか)に聲(こわ)ぶりの、
讀經や、──今か、靜こころ、
そぞろありきの在り人の
魂(たましひ)にしも泌み入らめ。

日は木(こ)がくれて、諸(もろ)とびら
ゆるにきしめく夢殿の夕庭寒(ゆふにはさむ)に、
そそ走(ばし)りゆく乾反葉(ひそりば)の
白膠木(ぬるで)、榎(え)、楝(あふち)、名こそあれ、葉廣(はびろ)菩提樹、
道ゆきのさざめき、諳(そら)に聞きほくる
石廻廊(いしわたどの)のたたずまひ、振りさけ見れば、
高塔(あららぎ)や、九輪の錆(さび)に入日かげ、
花に照り添ふ夕ながめ、
さながら、緇衣(しえ)の裾ながに地に曳きはへし、
そのかみの學生(がくじやう)めきし浮歩(うけあゆ)み、──
ああ大和にしあらましかば、
今日神無月、日のゆふべ、
聖(ひじり)ごころの暫しをも、
知らましを、身に。

 

 補足

(注)1.「ああ大和にしあらましかば」は、詩集『白羊宮』に収められている詩です。
2.上記の詩は、東京・金尾文淵堂、明治39年5月17日発行の『白羊宮』により
ました。
3.上記の金尾文淵堂発行の『白羊宮』は、『国立国会図書館デジタルコレクショ
ン』所収の画像によるものです。(注11に引いた『国文学研究資料館電子資料館』の
『近代書誌データベース』の『白羊宮』は、明治三十九年五月一日印刷、明治三十九年五月
七日発行となっていますが、この『国立国会図書館デジタルコレクション』所収の『白羊宮』
は、注2に引いたように明治三十九年五月一日印刷、明治三十九年五月七日発行を、手
書きで、明治三十九年五月十日印刷、明治三十九年五月十七日発行と書き直してありま
す。)
4.『日本ペンクラブ電子文藝館』の「ああ大和にしあらましかば」によれば、初出
は『中学世界』明治38年11月の冬期増刊号の由です。
5.原文は総ルビになっていますが、上には、必要と思われる漢字だけに読み
仮名を示しました。
なお、「矮人(ちひさご)」「法子兒(ほふしご)」は、原文のルビではそれぞれ
「ちいさご」「ほうしご」となっているのを、改めました。
6.吉田精一氏の『鑑賞現代詩Ⅰ(明治)』(筑摩書房、1966年10月20日新版第1刷発
行、1968年2月10日新版第2刷発行)に、この詩が取り上げられています。
そこで吉田氏は、「この詩は得意の古語、造語を縦横に駆使し、豊かな想像力
を織り混ぜて古代文化への憧憬を美しく歌いあげ泣菫の天分を十二分に生かした
作品であって、琢かれた一語一語が古代錦絵のような典雅な絵を繰りひろげた感
があります。」と書いておられます。(134頁)
7.吉田精一氏の、新潮文庫の『日本近代詩鑑賞明治篇』(昭和28年6月5日発行、
昭和29年8月10日3刷)から、その一部を引用しておきます。
この詩はその発想に於て、英国の詩人ロバアト・ブラウニング(R.Browning
1812-1889)の「海外よりの懐郷」“Home‐thoughtfromabroad”に暗示を
得てゐる。原詩の二節をここに示さう。
Oh,tobeinEngland
NowthatApril'sthere,
AndwhoeverwakesinEngland
Sees,somemorning,unaware,
Thatthelowestboughsandbrush‐woodsheaf
Roundtheelm‐treeboleareintinyleaf,
Whilethechaffinchsingsontheorchardbough
InEngland―now!

AndafterApril,whenMayfollows,
Andthewhitethroatbuilds,andalltheswallows!
Hark,wheremyblossomedpear‐treeinthehedge
Leanstothefieldandscattersontheclover
Blossomsanddewdrops―atthebentspray'sedge―
That'sthewisethrush;hesingseachsongtwiceover,
Lestyoushouldthinkhenevercouldrecapture
Thefirstfinecarelessrapture!
Andthoughthefieldslookroughwithhoarydew,
Allwillbegaywhennoontidewakesanew
Thebuttercups,thelittlechildren'sdower
―Farbrighterthanthisgaudymelon‐flower!
この詩はブラウニングがイタリアに遊ばうとする途上、故国英国の四、五月を
想つての作と云はれ「我英国にありせば、今こそは四月、朝めざめなば、樹々の
下枝も嫩葉せるを見るならむ。五月ともなれば、燕はむらがり来り、梨の花はひら
き、つぐみは同じ歌を二度くりかへしつゝ歌はむ。真昼時ともなれば、野原は物皆
嬉嬉として、きんぽうげの花も、こゝに見るメロンの花よりも華やかに輝かむ」との
意をうたつてゐる。明るく暢びやかに、彼の楽天的な肯定感のよく現れてゐる短
唱といはれるのである。これに反して泣菫の詩は、秋十月、今もし我大和にあれ
ば、古代芸術の薫高き古寺の中に身を置き、その美酒の如き芳香に心ゆくばか
り酔ひしれることであらうと、天平時代の古都の様を追想、空想しながらの作であ
る。作意には相当へだたりあり、たゞ構図のとり方にヒントをあたへられたにすぎ
ない。(93~95頁)
7.関良一氏の『近代文学注釈大系近代詩』(昭和38年9月10日発行、昭和39年12月20日再版
発行)にも載せてあり、頭注があって参考になります。
8.薄田泣菫(すすきだ・きゅうきん)=詩人。本名、淳介。岡山県生れ。象徴派
詩人として、薄田泣菫・蒲原有明時代を作る。詩集「暮笛集」「ゆく春」
「二十五絃」「白羊宮」のほか、随筆集「茶話(ちゃばなし)」など。(1877
~1945)(『広辞苑』第6版による)
薄田泣菫(すすきだ・きゅうきん)=(1877~1945)詩人・随筆家。岡山県生ま
れ。本名、淳介。独学で英詩に親しむ。古語を駆使した古典的浪漫的
な文語定型詩を「白羊宮」で完成、蒲原有明とともに明治末期詩壇に
一時代を画した。詩集「暮笛集」「ゆく春」「二十五絃」、随筆集「茶話」
「艸木虫魚」など。(『大辞林』第2版による)
薄田泣菫(すすきだ・きゅうきん)……倉敷市のホームページに、「倉敷ゆかり
の文化人」として、薄田泣菫を紹介したページがあります。
倉敷市のホームページ→薄田泣菫
9.岡山県倉敷市立連島東(つらじまひがし)小学校のホームページに「連島東小の
教育のページ」があり、そこに、「地域の産んだ偉大な詩人であり随筆家の薄
田泣菫を題材にした教育活動に取り組んでいます。総合的な学習の時間で
泣菫の業績について調べ、新聞や冊子にまとめたり、泣菫の作品を朗読する
朗読会を開催したりしています。11月には泣菫の「なつめ」の歌を全校で歌い、
作品に親しんでいます」とあります。
→倉敷市立連島東小学校→「連島東小の教育」
10.『くらしき地域資源ミュージアム』というサイトにも、倉敷市の厄神社の境内に
ある、6枚屏風型の「ああ大和にしあらましかば」の詩碑が紹介されています。
→『くらしき地域資源ミュージアム』→「薄田泣菫の6枚屏風型詩碑」
11.資料168に「薄田泣菫の詩「時のつぐのひ」」があります。
12.中央公論社の『日本の詩歌2土居晩翠・薄田泣菫・蒲原有明・三木露風』
に、脚注があって参考になります。
13.『国文学研究資料館』の『電子資料館』の『近代書誌データベース』で、『白羊宮』
(金尾文淵堂、明治39年5月7日発行)の画像を見ることができます。
『国文学研究資料館』→『電子資料館』→近代文献情報データベース
→近代書誌・近代画像データベース(総合検索)→簡易検索
→「白羊宮」と入力して検索→「白羊宮」をクリック→「詳細」の画面の
一番下の「画像」の「表紙」をクリック→「白羊宮」の表紙へ
14.岩波文庫に、三好達治著『詩を読む人のために』(1991年1月16日第1刷発行)があり、
その中に「「ああ大和にしあらましかば」について」という解説があります。この本の底本
は、『詩を読む人のために』(学生教養新書、至文堂、1952年6月)だと、巻末の〔編集付記〕に
あります。