文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

2019-03-31から1日間の記事一覧

織田信長(おだのぶなが)のプロフィール・略歴

誕生 1534年6月23日(天文3年5月12日) 生誕地 尾張国 那古野城 父 織田信秀 母 土田御前 幼名 吉法師 元服名 織田三郎信長 官名 上総介(自称)・右近衛大将(右府)など 近親など 正室:濃姫(帰蝶)(斎藤道三娘)側室:生駒吉乃(生駒八右衛門の娘)、お…

徳川家康(とくがわいえやす)のプロフィール・略歴

誕生 1543年1月31日(天文11年12月26日) 生誕地 三河国岡崎 父 松平広忠 母 於大の方(水野忠政の娘) 名 width="637">竹千代、松平二郎三郎元信、松平蔵人元康、松平家康、徳川家康 官名 width="637">従五位下、三河守、左京大夫、従五位上、侍従、正五位…

『舞姫』の登場人物一覧

太田豊太郎 幼いころから厳しい家のしつけを受け、父を早く亡くすが学問に優れる。十九歳で帝大を卒業し、学士の称号を受けたとき、大学創立以来いまだかつてない名誉であると言われた。ある官庁に奉職して三年ばかりを過ごした後、ベルリン留学の命を受ける…

三国志の夷陵の戦いを解説

皇帝に就任した劉備が最初に行ったことは呉への侵攻でした。関羽を殺されたことに対する報復だといわれていますが、一国を治める人物が個人の心情で戦争をするでしょうか。劉備はなぜ呉を攻めたのでしょうか。そして、その劉備もついに人生に幕を降ろすこと…

小倉百人一首を番号順に並べた

番号 歌 詠者 出典 1 秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ 天智天皇 後撰・秋中・302 2 春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山 持統天皇 新古今・夏・175 3 あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む 柿本人…

小倉百人一首を50音順(あいうえお順)に並べた

番号 歌 詠者 出典 79 秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月の影のさやけさ 左京大夫顕輔 新古今・秋上・413 1 秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ 天智天皇 後撰・秋中・302 52 明けぬれば暮るるものとは知りながらなほ恨めしき朝…

イエスの降誕と3人の博士が持参した乳香と没薬とは何だったのか?

<まず聖書に書かれてある公現(イエスの降誕)エピソード> ●3人の博士達(マタイによる福音書2章1~23節) イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。「ユダヤ…

安東愛季(あんどうちかすえ )のプロフィール・略歴

北斗七星に喩えられた羽後の大名 誕生 1539年(天文8年) 生誕地 出羽国羽後 父 安東舜季 母 安東尭季の娘 名 安東愛季、近季、秋田愛季、北天の斗星 官名 従五位下、侍従 近親など 正室:砂越宗順の娘側室:畠山清信の娘子:秋田業季、秋田実季、安倍英季、…

戦国時代の年表

応仁~享禄年間 (早雲台頭~群雄乱立) 和暦 月 西暦 場所 重要 主な出来事 死没 応仁1 5 1467 山城国 重要 応仁の乱 応仁2 1468 文明1 1469 文明2 1470 文明3 1471 文明4 1472 文明5 1473 文明6 1474 文明7 1475 文明8 1476 文明9 11 1477 山城国 応仁の乱…

日本の戦後の歴史を時系列で簡単にまとめてみた

1945 【終戦】 戦後、欧米の植民地のほとんどが、アジアを中心に独立を果たす ※欧米の植民地と、日本の台湾・韓国統治との相違点を考えてみよう ※植民地の多くを失った欧米支配層は、日本をどのように思っただろう? ※大戦に「辛勝」し日本を占領、彼らは日…

日本の対外戦争を時系列で簡単にまとめてみた

1894 【日清戦争】(明治27年) ・韓国をめぐる争いが発端 ・日本が勝利して清国(満人)は莫大な賠償金を 台湾が日本領に(1895) 1904 【日露戦争】(明治37年) ・韓国をめぐる争いが発端 ・日本もロシアも、この戦争でたいへん疲弊した (日本とロシアの…

日本の歴史を概略で簡単にまとめてみた

簡単に日本歴史の各時代を纏めました。 第0段階 =国の始まり以前= 今からおよそ1万年前、気候が温暖になると、日本列島は大陸から離れ、現在のような姿になりました。 そこでは狩猟・採集の生活が営まれました。紀元前3世紀頃に大陸から稲作や貴金属が…

『竹田の子守唄』の歌詞と裏話

『竹田の子守唄』原曲 歌詞 守もいやがる盆から先にゃ 雪もちらつくし 子も泣くし この子よう泣く 守をばいじる 守も一日 痩せるやら 来いよ来いよと 小間物売りに 来たら見もするし 買いもする 久世の大根飯 吉祥の菜飯 またも竹田の もんば飯 早よも行きた…