文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

2019-03-26から1日間の記事一覧

良寛禅師の辞世とされる句と歌について

辞世(じせい)=この世に別れを告げること。死ぬこと。また、死にぎわに残す偈頌(げじゅ)・詩歌など。「─の句」 (『広辞苑』第6版による。) 友人から、太平洋戦争の末期の特攻隊員の遺書に見られる「散る桜残る桜も散る桜」という句について、それが誰…

藤村操の「巌頭之感」 全文

明治36年(1903年)5月、一人の18歳(満16歳10か月)の旧制一高生の死が、若者たちをはじめ社会の人々に大きな衝撃を与えた。彼の名は、藤村操(ふじむらみさお)。巌頭の大きなミズナラの樹肌を削って書き残した文言が、次の「巌頭之感」である。 本文 巌 …

与謝野晶子「君死にたまふことなかれ」 全文

本文 君死にたまふことなかれ 旅順口包圍軍の中に在る弟を歎きて 與 謝 野 晶 子 あゝをとうとよ、君を泣く、君死にたまふことなかれ、末に生れし君なれば親のなさけはまさりしも、親は刃(やいば)をにぎらせて人を殺せとをしへしや、人を殺して死ねよとて…

雪山偈(『大般涅槃經卷第十三 聖行品之下』より) 全文

本文 善男子。過去之世佛日未出。我於爾時作婆羅門修菩薩行。悉能通達一切外道所有經論。修寂滅行具足威儀。其心淸淨。不爲外來能生欲想之所破壞。滅瞋恚火。受持常樂我淨之法。周遍求索大乘經典。乃至不聞方等名字。我於爾時住於雪山。其山淸淨流泉浴池。樹…