文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

光秀生存伝説にまつわる考察

通説によると、光秀は天正10年(1582年)6月2日、信長を本能寺で自刃に追い込んだ後、6月13日 羽柴(豊臣)秀吉と山崎で戦って破れ、近江坂本城で再起を図ろうと逃れる途中、京都 山科 小栗栖において中村の長兵衛という百姓の竹槍によって深手を…

猛将 斎藤利三が本能寺の変で果たした役割とは

天正10年、信長は対毛利・中国平定戦と対上杉・北国平定戦を大きな柱として戦っていたほか、新たに対長宗我部・四国平定戦を計画していた。 この年2月、信長は三男信孝を四国征討の方面軍司令官に任じ、四国平定の暁には讃岐の国を与えることを約束した。…

ヨーロッパの国名の由来まとめ

アイルランド 正式名称 アイルランド語:Eire(エァラ、若しくはエール)、英語:Republic of Ireland(リパブリック・オブ・アイルランド) 日本語表記 アイルランド共和国 略号 愛 他国語表記 - 国名由来 「ire(アイル)」はゲルマン語で「西側の」という意…

人称代名詞について【中国歴史用語の解説】

一人称 我(われ):自称に用いる。 吾(われ):自称に用いられる。 吾人(ごじん):自称に用いられる。 余(よ):自称に用いられる。 予(よ):自称に用いられる。 寡人(かじん):諸侯が謙った自称に用いられる。寡は徳が少ないという意味。 愚(ぐ):謙った自称に…

女官の呼び名と格付け【中国歴史用語の解説】

女官と題したが、実際後宮にいたのは皇帝の妻妾とその世話をする宮女である。皇帝の妻妾は一般的に后妃と呼ばれる。后は皇后、妃は妃嬪を表し、妃は側室、嬪は妾である。たてまえ的には王朝の子孫繁栄のため、実際は皇帝の色欲を満たすための制度である。 周…

中国人の名前の構成について:姓・氏・諱・字・号の違いとは【中国歴史用語の解説】

中国人の名前は、姓・氏・諱・字・号等で構成されている。 以下でそれぞれの意味を解説していこう。 姓 姓(せい・かばね)は、夏の姒・商の子・周の姫・太公望の姜(羌)・秦の嬴などのように部族ごとに持っているもので族長層だけがこれを用いた。 同姓間での…

中国王朝の帝王の呼び名について【中国歴史用語の解説】

国家の君主の呼び名は古来より“王”が用いられ、秦の始皇帝よりは清の滅亡に至るまで“皇帝”が用いられてきた。王や皇帝にはいくつかの呼び名があるが、それを例を挙げて説明する。 まず、帝王の呼び方の解説の前に、諡号、廟号という概念を説明しておく必要が…