文系の雑学・豆知識

歴史、美術、文学、言葉、文化についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

大分県指定遺跡「臼杵城」を紹介

大友宗麟が臼杵湾に突出た丹生島に築いた平山城 古橋口(大手門側)から見た臼杵城跡(うすきじょうあと) 左より時鐘櫓跡石垣、大門櫓(中央・復元櫓)、畳櫓(右端・現存櫓) 臼杵城の歴史 臼杵城が中世城郭として利用され始めた年代は明瞭ではありません…

最後の日本式近世城郭「松前城」を紹介

■北海道唯一の藩である松前藩松前氏の居城。松前は、日本最北の城下町であり、また北海道唯一の城下町。 ■アイヌ民族との幾多の抗争のすえ統一国家の一員として誕生した松前藩は、独自の歴史を繰り広げてきた。 ■米のとれない「無高の藩」ながら漁業権益で繁…

一城別郭の城「高天神城」を紹介

▲標高132mの鶴翁山(かくおうざん)の地形を巧みに生かした戦国時代の山城・高天神(たかてんじん)城跡を望む 高天神城の歴史 高天神城は室町時代、駿河の今川氏が遠江侵攻の拠点として築いたとされ、戦国時代には駿河・遠江をめぐる武田氏、徳川氏の激…

錦帯橋と岩国城を紹介

■岩国城(山口県岩国市)は、山麓の「御土居(おどい)」と称される居館部分に加え、背後の山頂には詰の城が設けられ、3層4階・物見付の天守が建てられた。 ■錦川を天然の堀とし、岩国市街を見渡す横山(標高216m)にある山城。別名「横山城」 復興天…

浮城として名高い備後国「三原城」を紹介

三原城の歴史 小早川隆景像 ■三原城は、瀬戸内海の水軍を掌握していた小早川隆景が、永禄10年(1567)沼田川河口の三原湾に浮かぶ大島、小島をつないで築いた城で、天正10年(1582)前後と、慶長元年(1596)のころ偉容を整えたといわれる。…

伏見桃山城と桃山御陵の見どころを紹介

伏見城は、天正20年(1592)豊臣秀吉が隠居所として築城し、徳川家康が再興した城。しかし、二条城の修築によって存在意義が薄れたこともあり、元和9年(1623)廃城となり、天守や櫓などは全国の城へ分与された。 伏見城の基本情報 別 名 指月(…

浅井氏三代の居城「小谷城」を紹介

小谷城の歴史 小谷城本丸に残る石垣 戦国時代、「近江を制するものは天下を制す」といわれたほど、近江は天下を左右する重要な位置にあり、数多くの戦乱の場となりました。このため多くの城郭が築城され「近江の城郭を語らずして中世は語れず」と言われるほ…